読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイブリッドアプリ開発におけるプログラマーとデザイナーの分業について

はじめに

最近、ハイブリッドアプリで開発してって言うお客さんが増えてる。といっても自分は簡単なものなら作ったことはあるけど、きっちりデザインがあって画面数も多いようなものを作った経験がない。と言う状況で、今回ハイブリッドアプリを作ることになってデザイナー(コーダー?)とプログラマーの分業してやることになった。いまいちどうやって開発するのがいいのかピンとこなかったので自分なりに考えてみたのでメモしておく。ハイブリッドアプリと言っても、CordovaやらReactNativeやらフレームワークがいくつかある。で、UIをとってもOnsenUIやらionicやらReactNativeやらあってどれを選定するかで変わってくる。

そもそもHTML+JS+CSSで開発できるからって簡単なのか?

自分の理解が深くないというのもあるが、簡単じゃないと思う。いずれのフレームワークを使うにしてもそれらの使い方を調べて使い慣れなくてはならないから学習コストはやはりかかる。とはいってもネイティブで作る場合は、iosandroidと2つ作らなくてはならない。どちらも習得していたとしても、単純に2倍かかる。そう言う意味ではハイブリッドでの開発はとても効率的だと思う。けど、普段JQueryとかでバリバリ開発しているコーダーさんに「OnsenUIで全画面作ってください」って言うのも酷な気がする(フロントエンドエンジニアと言われる人がこういうのがバリバリ使いこなせるのかもしれないけど)。かといって何千行もあるCSSファイルをもらってプログラマー側で当て込んでいくのも現実的に厳しそう。。。

開発フロー

1. まずはプログラマーがOnsenUI等の使い方を把握する。
2. プログラマーがアプリ全体の枠組みを作る(タブとかナビゲーションとかを実装したまっさらなページだけど画面遷移はできるような程度)
3. 2.で作ったアプリをデザイナーに共有。
4. まっさらアプリにデザインをつけていってもらう。

今時点で思いつくとこだとこんな感じになるのかな。実際にハイブリッド開発してる人教えてください。以上です。